記者でなければ、誰だろう? 記者を利用し、記者の名を語らせ、このような画策をする哀しい人物がIOCや日本のスポーツ関係者の中にいるということだろうか。もしいるのなら、そのようなスポーツマンシップに外れた人物こそ、山下泰裕氏にも増して非難され、退場を求められるべきではないか。

 山下泰裕氏のIOC委員就任をこれほど阻止したい人物は一体誰なのか?

 自ら怪文書に書いているとおりの正義漢ならば、批判の矛先は、IOC委員就任阻止に飛躍するのではなく、JOC会長であること自体に向けられるのが自然ではないか? JOC会長の立場は容認し、IOC委員の領域に立ち入ることにこれほど拒否反応を示す理由は何だろう?

 スポーツ関係者に取材をすると、黒幕の可能性を指摘する人もいる。それが誰かを特定する段階には届いていないが、選手たちが五輪出場、メダル獲得を目指し、懸命に研鑽を重ねる一方で、こうした邪なやり方でスポーツ界の権力構造に関与し、なんらかの私欲を得ようとする人物がいるとすれば、日本スポーツ界の未来には暗雲がたちこめていると見るべきだろう。

 投票の結果、怪文書に惑わされることなく、山下泰裕委員の就任は承認された。秘密投票のため、詳細は公表されないが、投票結果は賛成票に対し、反対1票だった。ほぼ満票の中、反対した委員が1人いた。

 スポーツの裏側でうごめく不健康な力学や権力構造は、東京オリンピックを間近に控えているから、という配慮が足かせになって、黙認、放置されているのだろうか。日本人と思われるグループが、日本(JOC)のトップを糾弾する怪文書をIOC委員に送りつける。東京五輪開幕に向けて、「ワンチーム」になっているとはおよそ言えない。このような事態を、メディアはもとより、JOC、スポーツ庁はなぜ問題にしないのか? 不思議でならない。

 東京オリンピックを迎えるいまだからこそ、こうした閉ざされた権力構造を一掃することの意義がある。いま変えなければ、忖度と阿吽の呼吸の裏側で、着々と、日本のスポーツ界を冒涜し、蝕むような利権構造の構築がいっそう進んでいく。

(作家・スポーツライター 小林信也)