ダメな会議
あなたの職場ではダラダラと時間だけが過ぎていく会議、行われていませんか? Photo:PIXTA

 これから会議だと思うとため息が出てしまう。会議室に向かいながら「また会議か、面倒だな」などと、つい愚痴を言い合ってしまう。あなたの会社の中でも、こんな光景は見られないだろうか。

 忙しい仕事の時間をやりくりして会議に参加しているのに、ダラダラと時間が過ぎていくだけでは、穏やかではいられない。実際、弊社が行ったアンケートでは、会議に対する不満の第2位は「会議がダラダラ続く」「いつまでも決まらない」というものだった(不満の第1位「いつも同じ人が発言している」の対処法は前回詳しく紹介している)。

「ムダな会議」の撲滅法を紹介する本連載、第2回は「ダラダラと何も決まらない」会議の要因について考えていこう。

会議を長引かせる2大原因は?

「みんな言いたい放題で、意見が収束しない」
「いつも判断基準があいまいな気がする」
「いっそのこと最初から多数決にすればいいんじゃないの?」

「ダラダラと何も決まらない」会議をする会社では、上記のような声がよく上がる。意見が出ない、あるいは意見がまとまらないまま時間切れとなり、「次回に持ち越し」などと言われると、モヤモヤ、イライラはさらに募るばかりだ。

 では、ここで一つ質問したい。あなたの会社では、会議の前にどのようなことを決めているだろうか?

 まず当然、

・会議名
・場所
・時間
・参加者

 は決めているだろう(これが決まっていなければ会議そのものが開催されない)。

 次に、

・会議の目的
・議題の趣旨

 これも当たり前に思えるが、これが不明確で、参加者全員がしっかり認識しないままに、いきなり議論を始めているケースが意外と多い。