大量に積まれたマスク入りの段ボール
新型肺炎騒動で垣間見えた、在日中国人社会の知られざる顔とは。写真は倉庫に積み上げられた、使用期限が切れた防護服、マスク、防護ゴーグルなどの物資(筆者提供)

飛ぶように売れるマスク
荒稼ぎをする人々も

 湖北省武漢市から広がった新型コロナウイルスの猛威が、中国だけでなく、日本をはじめ多くの国々にも深刻な影響を与えている。日本政府はチャーター機を派遣し、武漢にいる日本人およそ700人の退避計画を実行に移した。

 感染症を理由とするこうした措置は初めてといわれている。これまで湖北省に限っていた同地方滞在歴のある外国人を入国拒否にし、13日午前0時から直近の浙江省滞在経験者も対象に追加した。

 一方、2月12日の時点で、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、新たに乗客・乗員39人と検疫官1人の感染が発覚し、感染が確認された乗客と乗員は合わせて174人となった。

 こうした状況を見た日本政府は、感染者がいる恐れのある旅客船に対して、閣議了承を経ずに乗船している外国人の上陸を拒否できるよう、関連措置の行使を簡素化できるようにした。

 武漢などで見られた新型コロナウイルスの猛威を1日も早く抑えるために、多くの日本の地方自治体、企業、在日中国人社会も、マスク、防護服、体外体温計などを集めて、中国に寄付したりする支援活動を進めている。

 日本は中国以外で、新型コロナウイルス感染者が最も多い国になったのを受け、マスクが飛ぶように売れている。ドラッグストア、コンビニ、薬局などでマスク完売の告知が貼り出されている光景が見られる。花粉飛散の季節が近づきマスクの需要が高まるなか、マスクの買い占めなどをしないようにという自制の声が、在日中国人社会からも上がっている。

 しかし、こうしたマスクの特需をビジネスチャンスと捉え、荒稼ぎをしている在日中国人が暗躍している。ここ数日、中国版SNSのWeChatで京都に住む女性経営者がその1人として、一躍「超有名人」となった。

 ネット上ですでにその本名や会社名が公開されており、本人も実名でSNSや動画などを使って応対しているので、本稿ではあえてその氏名を伏せずに紹介する。