残高の分散を防ぐため、スマホに入れるアプリを2つまでに絞るとすれば、1つ目はPayPayか。残るもう1社をどう選ぶかだが、それは「共通ポイント」及び「携帯キャリア」がカギとなるだろう。

「dポイント」が台風の目に
相互連携が加速中

 メルカリがorigamiを買収したニュースに対しては市場はネガティブに反応したが、その数日後に発表されたドコモとの業務提携は逆だった。発表によれば、メルカリIDとdアカウントを連携させると、メルカリの利用でドコモのdポイントが貯まったり使えるようになったりする。

 また2020年初夏以降には、メルペイとd払いの電子マネー残高およびポイント残高を相互に使えるようになる予定だ。メルペイで支払う際にもdポイントが使え、貯まるようになるという。

 意外なことに、メルペイには他の決済サービスでは当たり前の、支払い時に付与されるポイントがない。買収したorigamiPayも銀行口座からの即時引き落とし式が主で、やはり独自ポイントをつけてはいない。そのため、dとのポイント競合がそもそもないことが、スムーズな提携に働いたのではと推測する。

 ドコモはこの発表の直前に、リクルートとの業務提携も発表している。リクルートIDとdアカウントを連携すれば、リクルートグループのウェブサービス「じゃらん」「ホットペッパービューティー」「ホットペッパーグルメ」などの利用で、dポイントが貯まることになるという。

 運用が始まれば、メルカリの売買、ホットペッパーグルメやビューティでどちらもdポイントが付き、使える。むろん、d払いの支払い原資にもなる。d払いの決済対応加盟店は136万カ所、メルペイは170万カ所であり、これらの店で使えば使うほどdポイントが増殖していくことになる。共通ポイントの中でも、強力な存在に化けそうだ。