アメリカで猛威を振るうインフルエンザ
Photo:PIXTA

米でインフルエンザが猛威、死者1万人超

 世界中の関心は「新型コロナウイルス」に集まっているが、米国ではインフルエンザが猛威を振るっていることも忘れてはならない。米疾病対策センター(CDC)の発表によると、2019/20年のインフルエンザシーズン中、1月25日までに少なくとも1900万人がインフルエンザに罹り、このうち18万人が入院し、死亡者数は1万人を超えた。さらに、2月8日時点では、感染者数は2600万人となり、25万人が入院し、死亡者数は1万4000人に上る(CDC発行の「Weekly U.S. Influenza Surveillance Report」より)。

 一方、確認された新型コロナウイルスの感染者数は、米国では12人、中国本土では約3万1000人とされている(なお、2月19日時点、厚生労働省の発表によると、米国での感染者数は15人、中国の感染者数は7万4185人、死亡者数は2004人となっている)。

 米クリーブランド・クリニックの感染症専門医Alan Taege氏は「インフルエンザの方が、新型コロナウイルスよりも感染力が強く、感染者数ははるかに多い」と話す。米マウントサイナイ・ヘルスシステムのBernard Camins氏は「インフルエンザは身近な感染症であるため、その危険性は軽視されがちだが、今シーズンは感謝祭(11月第四木曜日)の前後から流行り始め、流行レベルも深刻だ」と説明している。

 なお、CDCは例年、米国のインフルエンザによる死亡者数は最低でも1万2000人と予測しているが、2017/18年のシーズンには4500万人が感染し6万1000人が死亡している。