婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%! 「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師、諏内えみさんの最新刊『「育ちがいい人」だけが知っていること』。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではないのですが……」と、質問を受けることが多かった、明確なルールがないからこそ迷ってしまう、日常の何気ないシーンでの正しいふるまいを紹介したもの。
マナー本や、通常のマナースクールでは、ルールではないからと省かれ、個人の常識に委ねられていますが、正解がわからないともやもやしますし、自信を持ってふるまえません。
しかも、「育ちがでる」と言われてしまう部分ばかりですから、尚更気になりますよね! 今回はその中から、ちらっと見えただけで困惑してしまう、ちょっとしたNGについてご紹介していきます。

脱いだ靴……意外と見られているかもしれません

Photo: Adobe Stock

あなたは脱いだ靴を見られても大丈夫ですか? インソールが古くなっていたり、汚れていたりしませんか? 靴を脱ぐ予定のある日はもちろん、ふいに脱ぐシーンが訪れたときに備え、普段からインソールにも気を配りたいものです。普段見えないところが見えたとき、その印象は強く相手に残ります。脱いだ靴からも、あなたの美意識や育ちが垣間見えると心得ておきましょう。

靴の後ろ側は大丈夫?

生活が整っている方、余裕のある方は細部まで気を使うものです。

つま先は目に入りやすいですが、靴の後ろ側は、自分では気づきにくい部分です。インソールだけでなく、後ろ側、とくにパンプスのヒールの美しさには気を配りましょう。知らない間にかかとが削れていたり、革がめくれていたりすることも。周囲に指摘される前に、チェックしておきたいですね。

いかがでしたか? 「品がいい」「育ちがいい」と言われる人は、普段、無意識に行っている所作や日常のちょっとしたふるまいが、他の人とは違うもの。それは、こんな小さな部分にも表れます。『「育ちがいい人」だけが知っていること』では、普段の生活の中で「育ち」が出てしまうポイントや、どうふるまうのが正解か? というリアルな例を250個も紹介しています。誰にも指摘されたことがないのに、実は「あの人は、育ちが……」なんて周囲の人から思われているとしたら、本当に恥ずかしいですよね! 今さら聞けないことばかりですから、ぜひ参考にしてみてくださいね。