米大統領選で民主党候補指名争いに参戦したマイケル・ブルームバーグ氏は21日、過去30年間に裁判で同氏を訴えていた3人の女性に対し、守秘義務契約の解除を申し出た。  ブルームバーグ氏は声明を発表し、3人について「自分の主張について話せるように守秘義務契約の解除を望むのであれば、会社に連絡をすれば解除される」と述べた。  ブルームバーグ氏は、自身が創業した金融情報会社ブルームバーグに言及し、「ここ数日、この問題についてよく考えた結果、私が同社の経営者であるかぎり、今後は性的な嫌がらせや不品行の申し立てを解決するのに会社として秘密保持契約を提案しないことを決めた」と述べた。