ローソンはなぜドローンで「からあげクン」を配送するのか
コンビニの利便性を高めるためにさまざまな取り組みが始まっています Photo:PIXTA

視野を広げるきっかけとなる書籍をビジネスパーソン向けに厳選し、ダイジェストにして配信する「SERENDIP(セレンディップ)」。この連載では、経営層・管理層の新たな発想のきっかけになる書籍を、SERENDIP編集部のシニア・エディターである浅羽登志也氏がベンチャー起業やその後の経営者としての経験などからレビューします。

実は「当たり前」ではなかった
コンビニの24時間営業

 あまり知られていないと思うが、私が住む長野県軽井沢町にあるコンビニエンスストアは、どこも24時間営業をしていない。セブン-イレブンも、ローソンも、ファミリーマートも、例外なく午後11時には閉店する。

 これは軽井沢町で施行されている「軽井沢町の善良なる風俗維持に関する条例」の要綱で、「午後11時から午前6時までの営業又は作業」が禁止されているからだ。

 しかもこの条例の対象はコンビニだけではない。レストランも居酒屋もラーメン店も、町内のあらゆる商店が午後11時までに営業を終了する。

 だから、軽井沢で週末を過ごすために、金曜夜に仕事を終えてから最終の新幹線で向かうような場合には、注意が必要だ。

 東京から最終の新幹線に乗ると、軽井沢駅に着くのは午後11時22分。この時刻だと、開いている店はない。「小腹がすいたのでラーメンでも食おうか」とか「コンビニで何か買おうかな」と思っても、目的を果たすことはできない。

「なんて不便なんだ!」と思うかもしれない。だが、住んでいる身には、それが当たり前なので、苦に感じたことはない。

 最近、騒がれているコンビニの24時間営業の是非も、実はあまりピンときていない。コンビニが24時間営業をやめたとしても、慣れればいいだけの話だと思っていた。