今春、8年ぶりのパリコレで、変わらぬ美しさとスタイルを披露した、世界的トップモデル・冨永愛さん。究極のシルク肌やツヤ髪、美しいボディライン。その美の秘訣をまとめた、初のビューティーブック『冨永愛 美の法則』が3月12日発売になりました。
17歳でNYコレクションにデビューし、瞬く間にアジアを代表するモデルとなった冨永愛さん。2014年から3年間の休業を経て、30代後半で世界一流メゾンのランウェイに返り咲きました。今もなお第一線で活躍する彼女の新刊では、「美しい立ち方・座り方・歩き方」など、モデルとして培ってきたノウハウはもちろん、「美肌術」「小顔ストレッチ」「美尻をつくる家トレ」「食事法」ほか、誰でも明日からマネできる美の習慣を初公開。究極の美の世界で研鑽を重ねてきた彼女だからこそ話せる「美しさの本質」が、たっぷりと収録されています。
今回も本書の中から、世代を問わず「美しくなりたい女性」が気になる美容法を一部紹介していきます。

撮影/下村一喜 『冨永愛 美の法則』より

フェイスマッサージは首筋と鎖骨をほぐしてからが効果的

 撮影の当日、朝起きたときに顔がむくんでいたら最悪だから、その前夜は塩分を控えている(ふだんも控えめだけれど)。最近、3日間塩分を控えた食事にしたら、むくみがほとんど気にならなかった。

 それでも、つい息子用の味の濃いおかずに手を伸ばしてしまったり、仕事のつきあいでお酒を飲んで翌朝むくんでしまったら、美容家電を総動員する。

 いま巷で話題の、電気刺激が出るブラシ、髪をツヤツヤにしながらも顔をシュッと引き締めてくれるドライヤー、フェイスラインを整える美顔ローラー……これら美容家電の力を借りて、朝のむくみをいっきに解消する。

 そして最初にほぐす場所によって、効果は何倍も違ってくる。顔やフェイスラインなどから始めてしまう人が多いと思うけれど、耳の下から首筋のライン、鎖骨のライン=リンパの流れにそってほぐしたり、温めることで、その後のフェイスマッサージの効果は格段にアップする。

 顔に疲れが出てくる夕方も美容家電を使用。電気刺激が出るブラシは持ち歩けるサイズなので、出先でも首の後ろ側を、ピリピリ!っとやると、血流が促され、いっきに目が覚めるし、顔がシュッと引き締まり、リフトアップする実感がある。

 美容家電は、さらなる進化を遂げているから、いろいろ研究してみて。

 本原稿は、冨永 愛著『冨永愛 美の法則』からの抜粋です。3月12日発売の『冨永愛 美の法則』では、スーパーモデルならではの美容テクニックもたっぷり収録されています。あなたもこの春「美しい人になる習慣」を身につけてみませんか?