今春、8年ぶりのパリコレで、変わらぬ美しさとスタイルを披露した、世界的トップモデル・冨永愛さん。究極のシルク肌やツヤ髪、美しいボディライン。その美の秘訣をまとめた、初のビューティーブック『冨永愛 美の法則』が3月12日発売になりました。
17歳でNYコレクションにデビューし、瞬く間にアジアを代表するモデルとなった冨永愛さん。2014年から3年間の休業を経て、30代後半で世界一流メゾンのランウェイに返り咲きました。今もなお第一線で活躍する彼女の新刊では、「美しい立ち方・座り方・歩き方」など、モデルとして培ってきたノウハウはもちろん、「美肌術」「小顔ストレッチ」「美尻をつくる家トレ」「食事法」ほか、誰でも明日からマネできる美の習慣を初公開。究極の美の世界で研鑽を重ねてきた彼女だからこそ話せる「美しさの本質」が、たっぷりと収録されています。
今回は、本書の中から、世代を問わず「美しくなるために必要なこと」について、その一部を紹介していきます。

Photo: Adobe Stock

まずは自分の素材の良さを活かす

 誰にでも、その人なりの素材の良さはある。

 たとえば「冨永愛」の場合なら、「肌がきれい」「手足が長い」といったこと。

 みんな、自分の長所を忘れて、誰か違う人になろうとするから苦しくなる。

 そんなに難しいほうにいかなくても、もっと違う、自分らしい美しさを見つけたほうがハッピーに決まっている。

 たとえば、色白なら、より透き通る肌づくりに専念したり、シミのケアをしたり。地黒なら、日焼け肌のような健康的なメイクを追求したり、それを活かすようなスタイルにしていくのもいい。

 髪に自信があるならさらなる美髪を目指したり、手に自信があるならネイルケアにこだわってもいい。それが「素材を活かす」ということ。

 私の場合、肌に自信があったから、どんなに疲れていても、クレンジングや保湿はしっかりやって、いつでもすっぴんで勝負できる良い状態をキープしている。

 長い手足、なだらかな肩のラインや、くっきりとした肩甲骨(けんこうこつ)と鎖骨(さこつ)のラインも自慢の一つだから、それがより美しく見えるポージングも徹底的に研究した。

 結局は、自分のいいところを知って伸ばすことが、美しさへの第一歩なのだ。

 これが、ほかの誰とも違う「雰囲気」をまとうための必須条件といえるだろう。

 本原稿は、冨永 愛著『冨永愛 美の法則』からの抜粋です。3月12日発売の『冨永愛 美の法則』では、スーパーモデルならではの美容テクニックもたっぷり収録されています。あなたもこの春「美しい人になる習慣」を身につけてみませんか?