少子化でも生徒数3倍増の「ほめちぎる自動車教習所」
Photo:PIXTA

少子化、若者の車離れ、自動運転の実用化などにより、斜陽産業となりつつある自動車教習所。だが、三重県伊勢市の南部自動車学校は、「ほめちぎる教習所」として話題を呼び、過去5年で生徒数は約3倍に増加している。その人気の理由はほめることを活用した、自動車教習所の新たな価値の提供にある。(一般社団法人日本ほめる達人協会理事長 西村貴好)

教習所卒業生の
事故率が半減

「なぜ、こんなに人が集まるのか」

 この5年間で生徒数を、元々の約3倍に増やしている自動車教習所があります。

 三重県伊勢市にある南部自動車学校、この自動車免許取得の教習所は、合宿免許を中心に全国から生徒を集めています。まさに殺到しているというレベルで生徒がやってくるのです。

 実はこの三重県南部自動車学校は、我々「ほめ達!」協会の三重支部でもあります。

 そして、ホームページや看板には大きくこのようなコピーが書かれています。「ほめちぎる教習所」と。

ほめちぎる教習所

 そう、この三重県南部自動車学校は、生徒をほめちぎる自動車教習所なのです。この学校に来るとほめてもらえるということで、多くの生徒がやってくるのです。