「自分で国や社会を変えられると思う」と
回答した日本の若者の割合

出所:「18歳意識調査―第20回テーマ:国や社会に対する意識(9カ国調査)」日本財団2019年11月30日

「いきいき〇〇〇」。高齢者が老後を「いきいき」と過ごせるよう、このような名称を付けた施設があちこちにある。高齢社会にあってこのようなサービスは大切だが、この30年に及ぶ閉塞感漂う社会を打破するため、若者には高齢者以上に「いきいき」と世の中に変革をもたらしてもらいたい。

 しかし、若者が元気なのは当たり前と思いきや、その実情は異なるようだ。若者の意識調査では、「自分で国や社会を変えられると思う」という回答が日本ではわずか18.3%しかないという。アジアではインドが8割を超え、最低の韓国でも4割近い。欧米の国でも5割から7割は自分の力で世の中を変えられると思っている。