携帯電話を割賦(分割払い)で購入している場合、それはローンを組んでいるのと同じです。本人は携帯電話の通信料を払っているだけだと思うかもしれませんが、実は毎月、携帯電話の通信料とスマートフォン端末のローンの費用の双方を払っていることになるわけです。

 つまり、携帯電話の料金を滞納した場合、それはローンの支払いを滞納していることになります。これを3カ月などの長期間滞納すると、その人はローンを支払えない人として、信用情報機関のブラックリスト(金融事故を起こした人のリスト)に掲載されてしまいます。

 信用情報機関のブラックリストに掲載されるとどうなるのでしょうか。この信用情報機関の情報は、車や家をローンで買う際にも確認されます。そのため、この信用情報機関から金融事故情報が消えるまでの期間、あなたはローンを組むことができなくなります。信用機関によってこの期間は変わりますが、だいたい5年程度です。

 ちょっと飲食費がかさんで、携帯電話の料金を滞納しただけとあなたは思うかもしれません。しかし、それによって5年間ローンを組めなくなり、大学卒業後に車や家などをローンで買えなくなるわけです。

 防ぐのはとても簡単で、携帯電話の料金を滞納しないことです。口座振替などにしてきちんと毎月支払える状態を作りましょう。もしくは携帯電話端末を一括で買ってしまえばローンを組む必要がありません。

 今回紹介したようなリスクについて、頭でわかってはいても「自分には起こらない」と思い込んでしまうことが最も危険です。子ども自身が、自分のリスクは自分で対処する、という「自分ごと」として考える意識を持って事前に対処法を考えておけば、被害を防ぐことができたり、最小限に抑えることができるでしょう。