残業,ランナーズハイ
Photo:PIXTA

残業が月61~80時間の男性は
まるでランナーズハイ?――東京医大

 2015年から始まったストレスチェック制度で収集されたデータを解析した結果、残業時間が長いほど疲労や不安、いらいら感、抑うつ感などが強いことが明らかになった。しかし意外にも男性においては残業時間が長い人の方が、活気の低下が少ない(より活気がある)という関係が認められた。詳細は「PLOS ONE」3月3日オンライン版に掲載された。

 東京医科大学公衆衛生学分野の小田切優子氏、菊池宏幸氏らは、公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターと共同で、残業時間とストレス反応の関係を検討した。検討対象は、2015年12月~2016年11月にストレスチェックを行った223社、9万5004人のデータから従業員50人未満の事業所、パートタイム従業員、シフト勤務者、およびデータ二次利用拒否者を除いた117社、5万9,201人。ストレス反応の評価には、ストレスチェック推奨プロトコルに則し「職業性ストレス簡易調査票」のスコアを用いた。対象者の平均年齢は44.3±10.7歳、69.1%が男性、1カ月の平均残業時間は26.3±20.5時間だった。

 残業時間が20時間以下の人を基準とし、性別、年齢、職種、職務階級、雇用形態(正規か非正規か)、勤務時間(フレックスか否か)、企業規模、業種などの違いを調整した上でストレス反応を比較。すると、抑うつ感、疲労感、不安感、いらいら感、身体愁訴という5項目は、残業時間が長いほど強いという有意な関係が認められた。

 中でも疲労感は残業時間との関連が強く、21~30時間の残業でスコアが1.20倍、31~40時間で1.32倍、41~50時間で1.41倍、51~60時間で1.46倍、61~70時間で1.53倍、71~80時間で1.61倍、81時間以上では1.73倍だった。

 その一方で、活気の低下に関しては残業時間が長い人ほどスコアが低く、他のストレス反応との相違が認められた。特に、残業が61~70時間の人のスコアは、20時間以下の人の0.89倍、71~80時間では0.87倍で、有意に低かった。