米ジョンズホプキンス大学にデータによれば、6日現在で米国の新型コロナウイルスによる感染者数は33万7000人を超え、死者数は9648人に達した。米公衆衛生局のジェローム・アダムス長官は5日、今週は「多くの米国民にとって、人生で最もつらく悲しい1週間になるだろう」と語った。ニューヨークなど最も感染例の多い地域では、流行が間もなくピークを迎える見通しだ。  ジョンズホプキンス大によれば、全世界では183カ国で感染が確認され、6日時点の感染者数はほぼ128万人、死者数は7万0356人となった。  感染例の急増を背景に、アジアでは数カ国が新型ウイルス対策を強化する計画だ。