小池百合子
Photo by Satoru Okada

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、メディアへの露出を増やす東京都の小池百合子知事。「感染爆発 重大局面」「ロックダウン」などの刺激的なワードを多用し、危機下のリーダーシップを強調している。だが、つい先日までは東京オリンピックの中止回避に血道を上げてはいなかったか。東京五輪への小池知事のこだわりが、都の感染防止対策に影響した可能性はないのだろうか。(ダイヤモンド編集部 岡田悟)

失策で追い込まれ、レガシーは五輪だけ
延期決定で安倍首相と“グータッチ”

「残念ながら、都内の感染者数はおとといの土曜日は117名、そして日曜日は143名、今日は83名と高水準で推移しています」──。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が緊急事態宣言を出す前日の4月6日、東京都の小池百合子知事は緊急記者会見を開いて都内の感染者数の増加に触れ、危機感をにじませた。

 小池知事が新型コロナ関連で最初に緊急記者会見を開いたのは3月23日。この時の会見で、もしも対策を実施しなかった場合、ピーク時には都内の外来患者数が1日約4万人、入院患者数が約2万人を超えるとの試算に言及。配布資料には、厚生労働省クラスター対策班の3月21日時点の推計として、4月8日までに都内では530人の感染者(うち重篤者25人)が発生するとの予測も盛り込まれた。

 現実はどう推移したか。4月6日時点の都内の感染者数は1116人、重篤者は27人。当時の推計値を上回る深刻な展開をみせている。

 東京都はもっと早急に対策を取ることができたのではないか。小池知事の優先事項は、新型コロナウイルスよりも、東京オリンピック・パラリンピックの開催の可否だったのではないか――。