フィンランド、マリメッコのテーブルウエアシリーズ
フィンランド、マリメッコのテーブルウエアシリーズ

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、北欧の人気陶磁器「アラビア、イッタラ、マリメッコ」の情報をお届けします。家で過ごす時間がたっぷりある今日このごろ。憧れの北欧ブランドの食器で、4月からの新生活を始めてみませんか? 前編は、センスあふれるデザインと使いやすさで日々の生活を彩ってくれる、フィンランドを代表する陶磁器ブランドとそのプロダクツを紹介します。(文/グルーポ・ピコ)

アラビア/ARABIA(フィンランド)

アラビア
シンプルだが使いやすいモデルが揃っている

 今やフィンランドを代表する陶磁器ブランドとして日本でも大人気のアラビア。1873年の創業時はスウェーデンの陶磁器ブランド、ロールストランドのロシア向け生産工場でした。フィンランド独立前年の1916年にフィンランド企業が買収し、独自のブランドとしてアラビアはスタート。20世紀半ばには“フィンランドデザインの良心”とも呼ばれるカイ・フランクをアートディレクターに迎え、ティーマの原型であるキルタなど数々の名作を生み出しました。

■代表的なモデル

●パラティッシ/Paratiisi
 フィンランド語で「楽園」を意味するシリーズ。ブドウやリンゴなどが描かれたパターンは、食卓を華やかに彩ってくれます。

パラティッシ プレート 21cm
パラティッシ プレート 21cm 6600円(税込)
パラティッシ ボウル
パラティッシ ボウル 17cm 9350円(税込)