あなたは「非常に感受性の強い人物」?
HSPチェックリスト

 自分がHSPなのかどうかを客観的に判断することは難しい。渡邊氏による簡易的なHSPチェックリストによると、以下5項目のうち3項目以上該当すればHSPの傾向があるという。

(1) 周囲の人の反応が気になり、なかなか自分の意見が言えない。
(2) 周囲で誰かが怒られていたら、心がとても痛む。
(3) 友人の一言が悪気なく言ったことは分かっていても、なかなか頭から離れない。
(4) 小さな物音でも気になり、なかなか眠れないことがある。
(5) 相手のことを思い、なかなか注意しにくい。

「もしやHSPかも?と思っても、HSP自体は病気ではありませんから治療の必要はありません。ただストレスを抱えやすい気質であることは間違いないので、HSPであることを自覚し、普段からストレスをうまく発散させるよう心がけることが重要です」

 逆にそんなHSP気質の人が周囲にいた場合、「普通に接することが大事」と渡邊氏は話す。過剰な配慮は、余計にストレスをかけてしまうからだ

「ただ、HSPの人の周囲では特に、乱暴な言葉遣いや態度は大きなストレスを与えることになります。相手がHSPかどうかは分かりにくいことも多いので、普段から誰に対しても穏やかで優しい対応をしていきましょう」

 これからの季節、新入社員にHSPがいる可能性も。同じような発言をしても、まったく気にしない人と、深く傷ついてしまう人がいるように、相手の受け取り方は千差万別だ。「コロナブルー」で多くの人の不安感が増している今だからこそ、HSPの存在を念頭に置きつつ、誰に対しても穏やかに接するよう心がけたい。