まずは、1週間から1ヵ月間、ハワイに『生活する』視点で滞在してみましょう。その際には、必ずフルキッチン付きの部屋に泊まること。自分でスーパーに食料を買い出しに行き、自炊してみることをおすすめします。

「住むハワイ」を体験するには?

画像の説明
 つい数10年前までは、ハワイはそれほど身近なところではありませんでした。その当時からハワイに住んでいる方の多くは、「ハワイに行ったことはないけれど、『ハワイ暮らし』をしてみたい」というところから始めています。つまり、はじめてのハワイが、住むハワイになったわけです。

 ただし今では、ハワイはとても身近で、気楽に行くことができます。『住む』疑似体験というか、ここで暮らすことができるのか、という見極めをつけるために、何度でもトライアルを繰り返すことができます。

 「住む」のか、「住まない」のかを考えるために滞在すると、観光で来たときとは違うイメージをもつことになるでしょう。たとえ同じ日数だけ滞在するにしても、視点が変わってくると思います。

 観光の時は、自分が楽しむのに夢中です。いろいろなところを見ては、珍しいものをいろいろ食べて回ります。そして、普段は買わないものを、自分や人のために買って帰るわけです。「旅行」は一種のお祭り期間のようなもので、普段とは違うことをするときです。

 一方、住むためのハワイを見極めるためには、普段していることができるのかできないのか、毎日食べているもの、買っているものが自由に手に入るのか、いくらぐらいで手に入るのかなどなど、一般的な生活者の視点に加えて、その人のライフスタイルとのつき合わせが必要になってきます。

 そのためにも、まずはトライアルを行ってみましょう。だんだんとハワイ暮らしに体を慣らし「ここまでならハワイに滞在できる、楽しく暮らせる」という期間を、実際に体験し、自分で納得してみるわけです。