抗体検査の説明同意文書
ナビタスクリニックの抗体検査の説明同意文書 Photo by Takeshi Yamamoto

最近、新型コロナウイルスの検査で、ニュースなどでよく耳にする「抗体検査」というものがある。果たして、どんな検査でどんな目的で行われるものなのか。実際に、抗体検査を体験し、その体験を踏まえて現状や課題などを解説する。(ダイヤモンド編集部 山本猛嗣)

抗体検査とは
過去の感染の有無を知る検査

「自分が知らないうちに、新型コロナウイルスに感染していたことがあるのではないか」――。

 このように考えてしまう人は多いのではないだろうか。

 実は私もそうだった。

 近年、春先になると、2~3年前くらいから発症した花粉症に加え、決まって風邪をひいていた。今年はコロナ予防のため、手洗いやうがい、マスクの着用などを徹底していたせいか、幸いなことに発熱や咳(せき)といった風邪症状は家族含め、出ていなかった(目のかゆみや鼻水、くしゃみはあったが、花粉症と思われる)。

 その一方で、しばらく会っていない知人や「友達の友達」には、コロナ感染者が発生しており、「新型コロナウイルスの感染が確実に広がっている」という“肌感覚”はあった。