カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)の創業者特別顧問・宗次徳二さんと、日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の取締役で、10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談が実現しました。対談第2回目は、「現場を大切にする」ということについて、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、石崎彩)
(2019年9月に行われた対談をまとめさせていただきました)

常にユーモアを忘れずに「サービス精神」を持つ

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

山下:以前、宗次さんの誕生日にプレゼントをお渡ししたことがありました。そのとき、宗次さんにお叱りを受けたことを覚えています。
エルメスの黄色いネクタイを差し上げたら、「無駄遣いをしちゃダメだよ」と。

宗次:いろいろな方が気を使ってくださり、ブランドのネクタイをプレゼントしてくれるのですが、正直に言うと私は、500円のネクタイで十分なんです。それ以外は身につけていません。
お金は、必要としている人のために、お客様のために、社員のために使うべきです。

山下:ですから、今日は何を手土産にお持ちしようかすごく考えました。パッと閃いて、和菓子をお持ちしました。

宗次:荷物になるから現金でよかったのに(笑)。

山下:エルメスのネクタイをお渡ししたときも、「荷物になるから現金でよかった」と言われました(笑)。
宗次さんは、いつもユーモアにあふれていますよね。ご講演されるときにも必ずギャグが入っていて。まわりを楽しませるサービス精神を常に忘れない。

宗次:ギャグを言いたいがために講演をしに行っています(笑)。あまり調子にのると顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまうからほどほどにしないといけないのですが、私の性格的に、言わずにいられないんです(笑)。
気に入った言葉、おもしろい言葉、心に残る言葉が浮かんできたら、日常的にメモに書き留めるようにしています。書き留めたアイデアを今まとめているところです。