日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の代表取締役國分利治さんと、同社取締役で10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談をお届けします。
対談第3回目は、自分に合った体の使い方について、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、花輪恵)
(こちらは、2019年9月に行われた対談をまとめたものです)

目標を持って突き進んでいければ、風邪はひかない

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

―― 國分社長も山下さんも「風邪をひかない」そうですね。体調を維持するために心がけていることを教えてください。

山下:僕はもう、20年以上、風邪をひいていません。でも、上には上がいます(笑)。

國分:僕は40年、風邪をひいていません。

山下:幼少期は体が弱くて、幼稚園にはほとんど行けず、ずっと入院していたんです。小学校低学年のときも、入退院を繰り返していましたね。

子どものころから体が弱かったせいか、体調にはひと一倍気をつけていますし、工夫もするようになりました。

今では、体調の小さな変化にもすぐに気がつきます。「風邪をひくかもしれない」「頭が痛くなるかもしれない」「お腹が痛くなるかもしれない」と、なんとなくわかるんです。なので、少しでも異変を覚えたら、その日から食事を変えたり、早めに寝たり、体を温めたりしています。

國分:そもそも、体力って、「精神力で身に付くもの」だと思うんですよね。僕も19歳くらいまでは体がとても弱くて、よく風邪をひいていました。でも、目標を決めてガムシャラに仕事をしていたら、不思議と風邪をひかなくなったんですよ。

だから、目標を持って突き進んでいければ、風邪なんてひくはずがない(笑)。

何をするにしても、一番大事なのは、健康だと思いますね。僕は、「体というものは、100年レンタルの借り物である」と思っています。自動車と同じで、どういう乗り方をして、どういうメンテナンスをするかによって、長持ちするかどうかが決まります。

たとえば、トラックみたいに大きくて、頑丈な体を与えられている人もいれば、サイズは小さいけれど、軽自動車のように小回りがきく体を与えられている人もいます。

体にはみな、それぞれ個性があります。そして、体の使い方、メンテナンスの仕方も人それぞれです。