特に、外国人による観光需要を求めて国際的な人の移動を緩和させた場合の「第2波」の到来にはリアルな恐怖感がある。

 株式投資の上で、「不安がなくなる」ということはあり得ないのだと覚悟しておくしかない。

投資の原則を思い返し
「市場の機能を信じて」ずっと持つ

 ここまでのコロナショックで、「いったん株式を売ることで値下がりを回避し、株価が下がったところで株式を買い戻して利益を積み増すことができた」といった経緯でうまく利用できた投資家はどのくらいいるのだろうか。

 もちろん探すといるのだろうが、相当に難しかったのではないだろうか。一般投資家としては、「値下がりしたところで売らなかった」というくらいで上々だと自己評価してもいいだろう。

 一方、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISA(少額投資非課税制度)などで積立投資を続けていた投資家は小さな成功体験を持ったことだろう。コロナショックによる株価下落と急反発は、わが国における投資の普及には結果的に好影響だったかもしれない。

 投資家としては、

(1)時々刻々と情報は株価に織り込まれているので、株価が高いときも安いときも株式保有に有利不利はないはずだ

(2)市場が機能しているとすると株価はリスクプレミアム(リスクに対する追加的なリターン)を考慮して形成されているはずだ

 という2つの原則を確認して、投資を続けることが適切だ。

 今回、上記の原則を忠実に理解していて、強いメンタルを持っている投資家の場合、株価の値下がりによって投資の評価額が減ったことを修正する「安値での買い増し」ができた可能性もある。