ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

ゲームのルールは変わった――アップルvsサムスン訴訟の評決が意味するもの

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第32回】 2012年8月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

 日本国内での係争は8月末では終わらず、前述したバウンススクロール特許は来年以降の判決と見込まれている。従って状況はまだ膠着状態が続くだろうし、おそらく一両日中にサムスン端末の販売が困難になるという状態に陥ることはない。しかし今後どのような展開が進むかは予断を許さない状況である。

 これに比べてアップルは、日本でも我が世の春を謳歌することになるだろう。9月中旬に発売が見込まれているiPhone5では、ソフトバンクモバイル(以下SBM)とKDDIのいずれも高速通信規格であるLTE対応が見込まれており、搭載すると見られるサムスン製の高性能CPUがフルに能力を発揮するという皮肉な状況ながら、なんとも魅力的な端末となるだろう。

 おそらくSBMとKDDIのいずれも、当面の販売はiPhone5中心となるはずだ。特に前述のように、チップレベルでの供給体制で優位に立つアップルは、米国でのクリスマス商戦や日本の今後の商戦で、終始優勢の状況が続くだろう。

 反対にNTTドコモ陣営は当面厳しいと言わざるを得ない。iPhoneを販売していないことに加え、係争の行方に戦々恐々の状況では、販売にもなかなか勢いがつきにくいところであろう。また、もともとブランド力が脆弱で、NTTドコモの販売に大きく依存していたサムスンだけに、今回の評決と昨今の日韓関係の悪化とを重ね合わせる消費者も、残念ながら少なからず存在するだろう。

 さらに問題はサムスンだけに留まらない可能性がある。今回の係争を受け、CPUやチップセットの世界的な供給状況がアップル優位な状態で推移するのは、前述の通り。NTTドコモのもう一つの主力商品である日本メーカーのスマートフォンも、こうした調達環境の変化の余波を受けるだろう。この観点からも、十分な備えが必要な状況である。

ゲームのルールは変わったが…

 最後に、今回の評決が決定づけたトレンドとして、「ゲームのルールが変わった」ということを、挙げておきたい。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧