2020年度における国(一般会計)の
財政赤字(対GDP、第2次補正後)

2020年度における国(一般会計)の財政赤字(対GDP、第2次補正後)
出所:財務省

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は2020年度第2次補正予算を閣議決定した。今回の補正予算(一般会計)は約31.9兆円、事業規模は約117兆円である。国の一般会計における当初予算は約102.6兆円であったが、約25.5兆円の第1次補正予算と合わせ、歳出合計は約60兆円増の約160兆円となった。

 これに対応する歳入は、税収等が約70兆円、公債金収入が約90兆円の合計160兆円だ。歳出のうち国債費が24兆円であるから、国の一般会計において、基礎的財政収支の赤字幅は約66兆円、財政赤字は約76兆円に拡大した。20年1~3月期1次速報値では、20年度の名目GDPの予測値は約552兆円で、税収減も確実であり、20年度の財政赤字(対GDP)は13.7%超になる可能性が高い。