米ミネソタ州ミネアポリスの警官にジョージ・フロイドさんが殺害された2日後の5月27日、テレビプロデューサーのレジー・ロック・バイスウッド氏は、他のプロデューサーらと電話会議をした。  プロデューサーたちは新型コロナウイルス流行で停止していた活動をどう再開していけばいいか意見を交換しあっていた。だが、バイスウッド氏の電話にはフロイドさんが拘束され死亡した動画を巡り、怒りのテキストメッセージが友人から大量に送られてきていた。  「私の世界ではある意味、非常に切迫した問題だが、彼らの世界では明らかにそうではないように見えた」と、バイスウッド氏はこの時の電話会議を振り返る。