貿易や人権などさまざまな問題を巡り、米中の対立が先鋭化する中で、ドイツがいずれの味方につくか立場を決めきれないでいる。  ドイツはアジアを除く先進国の中で、米中両国と最も深い経済関係を築いており、米中「冷戦」時代を迎えれば、最大の犠牲者となるのはドイツだ。  過去20年に米中双方と貿易関係を深めたことで、ドイツは大きな恩恵を受けてきた。安定した経済成長、ほぼ完全雇用にある労働市場、新型コロナウイルス流行を受けた経済対策として1兆ユーロ(約120兆円)をつぎ込めるだけの財政力――これらはすべて米中両国との貿易がもたしたものだ。