【香港】中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は30日、香港への統制を強める「香港国家安全維持法案」を可決した。  欧米などからは、中国政府が市民の自由抑圧に動いているとの批判が強まっていた。中国国営の新華社通信によると、全会一致で可決された新法は、政府転覆、国家分裂、テロなどの活動、さらに外国勢力との結託を処罰対象とする。公布と同日に施行されるという。  法案は異例のスピードと不透明なプロセスで起草・承認され、香港の民主派グループや企業、学校、メディアの間でその影響に対する不安が広がっている。同法の全文は30日中に公表される見通し。