「プリーズ」をつけても失礼に聞こえる時があるPhoto:Anastasia Ivlicheva /123RF

何でも「Please」をつければ丁寧だと思ってしまいがちだが、やはり直接的すぎる物言いは避けたいところ。基本的には気にしすぎなくて大丈夫だが、気の利く言い方を知っておくと便利である。
米国の大学やハーバード・ビジネス・スクールで学び、総合商社で丁々発止のビジネスを行ってきた経験を踏まえて、現在、日本人の英語力向上とグローバル・リーダーの育成に携わる著者が、最新作『グローバル・モード』から抜粋してそのコツを紹介する。

命令英語はPleaseをつけても強すぎる

 何でも「Please」をつければ丁寧だと思ってしまいがちですが、直接的すぎる物言いはよくありません。

 体調を崩した人に、「早く良くなってね」という意味で「Get well soon please.」と言うのは、「早く良くなって、早く会社に来て働いてね」という強めの言い方に受け取られかねません。ここでは、「Hope you get some good rest.」(ゆっくり休めるといいわね)と言う方がベターでしょう。

 ただ、このあたりの微妙なニュアンスは、英語のネイティブスピーカーにしかわからないことも多いので、基本的には気にしすぎなくて大丈夫です。弊社のネイティブ講師たちも、「日本人はそもそもPolite(行儀がよい)ので、多少英語の表現が雑でも問題ないです」と太鼓判を押しています。

 それを踏まえたうえで、より丁寧な表現を使うには、「自由意志に働きかけること」を意識するとよいでしょう。具体的には、「would」を上手に使えるようになると便利です。以下に「would」の4つの形を紹介します。

・Would you please~

 単にPleaseよりも柔らかさが出ます。Please~と言いたくなったら、何はともあれWould you please~と言い換えましょう。

 Would you please tell me how?
 →どうやるのか教えて頂けますか?
 Would you please take a look at this? 
 →これに目を通して頂けませんか?
 Would you please attend today’s meeting?
 →今日の会議に出て頂けませんか?

・Would you like ~

 「あなたは~をやりたいですか」という自由意志を確認する、より丁寧な言い方です。

 Would you like to talk about the schedule? 
 →スケジュールについて話しますか?
 Would you like to go to lunch? 
 →ご一緒に昼食はいかがですか?
 Would you like to meet my boss?
 →私の上司とお会いになりますか?

・Would it be possible to ~

 「~をしてくださることは可能でしょうか」は、日本語でもよく使う表現ですね。

 Would it be possible to provide some data?
 →もっとデータをくれると嬉しいです
 Would it be possible for you to help me with this?
 →少し手伝ってくれると嬉しいです
 Would it be possible for you to explain more? 
 →もう少し説明してくれると嬉しいです

・Would you mind ~ing ~?

 「あなたは~をすることを気にされますか」という、丁寧かつ、本人がどうしたいかを尊重した表現です。何かを依頼したいときに使えます。

 Would you mind finishing it today?
 →今日中にやってくださいますか?
 Would you mind replying as soon as possible? 
 →できるだけ早く返信をお願いできますか?
 Would you mind going on a business trip?
 →出張に行ってくださることは可能でしょうか?

 次回は、現状把握のフェーズにおいて、いよいよ本題、「発言を理路整然と組み立てる」フェーズに入っていきます。お楽しみに。