夫とネコ3匹と暮らす1ベッドルームのマンションで長らく在宅勤務をしていたシンディー・ローさんは、先月オフィスに戻るのがうれしかった。だが、自身を出迎える不気味な光景に対する準備はできていなかった。  マンハッタンのミッドタウンにある彼女のオフィスでは、40人のスタッフ全員が3月のある木曜日の午後にオフィスを離れた。翌日も出社すると思いながら。4カ月後、ローさんはオフィスに戻った最初の従業員になった。  テーブルにはティーバッグが入ったままのマグカップ、会議室には開いたノート、キッチンにはお皿が残されていた。  ローさんは「まるで『トワイライト・ゾーン』だった。