コロナ禍や自粛生活などの「環境の変化」により、多くの人が将来への不安を抱え、「大きなストレス」を感じています。
ストレスを溜め込みすぎると、体調を崩したり、うつなどのメンタル疾患に陥ってしまいます。
発売1ヵ月で10万部を突破した、樺沢紫苑氏による最新作ストレスフリー超大全』では、ストレスフリーに生きる方法を、「科学的なファクト」と「今すぐできるToDo」で紹介した。
「アドバイスを聞いてラクになった!」「今すべきことがわかった!」と、YouTubeでも大反響を集める樺沢氏。そのストレスフリーの本質に迫る――。

免疫力を上げる方法

コロナウイルスへの恐怖が広がるなか、「免疫力を高めたい!」という人は格段に増えています。

免疫力を高める方法は、次の7つです。

・1日7時間以上の睡眠
・週150分以上の運動
・朝の散歩
・バランスの良い食事
・禁煙
・節酒
・ストレス解消

つまり、規則正しく「ちゃんと生きる」ということです。

逆に、上記の7つから逸脱した習慣は、免疫力を下げます。

睡眠、運動、朝散歩、食事、禁煙、節酒、ストレス解消

この7つがスラスラと頭に浮かび、毎日、しっかりと実行していくこと。それ以外に近道はありません。

Photo by Adobe Stock

「ひきこもり生活」は逆効果だ

ご高齢の方の中には、「コロナウイルスに感染したくない」という理由で、家から一歩も出ない人も多いでしょう。

ここ数ヵ月間、ほとんど外出をしていない方もいるようですが、上記の7つに照らし合わせると、「運動不足」「朝の散歩の習慣なし」に当てはまります。

運動不足になると免疫力は下がります

さらに、その他の生活習慣病や認知症のリスクも大幅にアップします

2020年の8月中旬時点で、コロナに関連した死亡者数は、1000人を少し超えるほどです。

つまり、世の中の人たちの99.99%は、新型コロナウイルス感染症以外の病気で亡くなっています

コロナを警戒することは、もちろん重要ですが、それ以外の病気のリスクを忘れてはいけません。

注意を払い、しっかりと予防していただきたいです。

上記の7つを日々、確認し、確実に習慣に組み込んでいただければ、コロナウイルスへの恐怖、ひいては全病気のリスクも減っていくはずです。