人間は座っている「だけ」で疲れる。
肩コリ、腰痛、首コリ、猫背、むくみの原因は「座り仕事」だった!
「ただ座っているだけなのに、なぜ疲れてしまうのか」。
その答えはシンプルで明快。
「筋肉は動かさないと硬くなる。硬くなると、血流が悪くなり、コリが生まれる」。
硬くなった筋肉を徹底的にほぐし、コリをとる。それにはストレッチしかない。
糸井重里さん絶賛の『座り仕事の疲れがぜんぶとれるコリほぐしストレッチ』の著者、ストレッチトレーナーのなぁさんに「座り仕事」のしつこい疲れのとり方を聞いた。連載のバックナンバーはこちらから。

Photo: Adobe Stock

つらい腰痛には、このストレッチ!

 座り仕事をしている人の多くは、股関節の可動域が狭くなり、これが腰痛の原因になっています。

 人間の体には「可動域が大きい関節」と「可動域は小さいが、安定して動いていればいい関節」の2種類があります。

 腰の関節は「可動域は小さいが、安定して動いていればいい関節」。腰の関節を挟むように「可動域が大きい関節」の股関節があります。

 大臀筋(だいでんきん)は股関節を覆う筋肉で、ここが硬くなると「股関節の可動域が狭く」なり、本来の動きができなくなります。次のイラストを見てください。

 結果、股関節とつながっている腰の関節も硬くなり、腰痛になるわけです。

 大臀筋をストレッチすれば、股関節が動きやすくなるので、腰の負担が一気に軽くなります。座り続けることによる「お尻疲れ」にも効果抜群です。では、ストレッチを紹介します。

ステップ① 椅子に座って、片方の足首をもう片方の膝の上に乗せる

ステップ② 顔を正面に向けたまま、上半身を前に倒す

「お尻が伸びる感覚」を得られたらOKです。大臀筋をしっかり伸ばして、腰痛改善しましょう!

関連記事:膝と腰の痛みを同時に消す神ストレッチ