週刊誌への「タレコミ」
週刊誌への「タレコミ」のお値段は、10万円とも30万円とも言われているが……(写真はイメージです) Photo:PIXTA

文芸春秋に入社して2018年に退社するまで40年間。『週刊文春』『文芸春秋』編集長を務め、週刊誌報道の一線に身を置いてきた筆者が語る「あの事件の舞台裏」。今回は誰もが気になる「タレコミのお値段」。世間では10万~30万円が相場だと思われているようですが、実はそうではないのです。(元週刊文春編集長、岐阜女子大学副学長 木俣正剛)

「タレコミ」には一体
いくら支払うのか?

 週刊誌といえば、読者の皆さんは、色々な「タレコミ」、いわゆる情報提供で成り立っていると思っておられるようです。私は女子大で教えていますが、学生たちに「週刊誌にネタを売り込んだらいくらになるでしょう?」と質問すると たいてい「10万から30万円」と答えが返ってきます。社会人相手の講演で聞いても、大体同じような金額を想像されているようです。

 正直に言いますが、実は一銭もお支払いしていません。そう伝えると、皆さんが「エッ?」という顔をします。驚くだけでなく、疑いの目が私に集中します。

 しかし、こう説明すればわかってもらえます。もし、あなたが職業上重要な機密を得て、それが不正行為に関することなので、週刊誌に情報を流すとします。あるいは、自分の友人が不倫で苦しんでいて、それを週刊誌に書いてもらおうとします。

 それは正義感や友情から来る正当な動機でしょう。もし記事になったとき、あなたがオカネをもらって情報提供したとわかったとき、胸を張れるでしょうか。周囲に伝わったとき、正常でいられるでしょうか。

 週刊誌に情報を持ち込むということ自体が、自らを危険に晒す行為ですから、10万円や30万円程度のオカネで自分の人生を失うことなどできないはずです。

 ですから編集部では、最初に「情報をいくらで買ってくれるか」と聞かれた段階で、「情報には金銭は支払えません」と答えます。