もともと韓国では日本同様に若さが重要であると同時に、エンターテインメントに完成度を求める傾向が強い。それはアイドルグループについても同じだった。だから、少女時代のメンバーは、デビュー前から厳しい訓練を積んでおり、その訓練に耐えたメンバーゆえにレベルの高いパフォーマンスを演じられたのである。

 モーニング娘。の「アイドルグループ」というフォーマットは偶然の力で世界市場に浸透したが、その後、市場を広げることはうまくいかなかった。それに対して、韓国のエンターテインメントがその市場を戦略的に広げたわけである。その際、日本流の「アイドルグループ」は韓国流の「ガールズグループ」というフォーマットに書き換えられている。言うまでもないだろうが、アイドルグループは応援するもの、ガールズグループは楽しむものである。

 現在の韓国の「ガールズグループ」というフォーマットは、日本のアイドルグループが下敷きになっている。だが、アイドルグループの「未成熟の一生懸命」というやり方が、世界市場へのアクセスを妨げており、結果的に「ガールズグループ」が優勢になっている。

BABYMETALが
切り開いた可能性

 では、日本のアイドルが世界市場に食い込むのは無理なのかというと、そうとは言い切れない。日本流のアイドルの可能性の高さを見せているBABYMETALの存在があるからだ。

 ただし、BABYMETALが世界市場で成功できたのは、ポップスではなくメタルで勝負した点が大きい。

 BABYMETALは最初からメタルで勝負していたわけでなく、あくまで当初はアイドルにメタルの要素を取り入れたものだった。それがやがてメタルのほうに引っ張られて、やがてメタル界のアイドルとして成功したわけである。それはボーカル担当の中元すず香がアイドル離れした歌唱力の持ち主であったことが貢献している。

 BABYMETALの特異性は、メタルが国境を超えて世界中に市場が存在しており、国境を超えて人気を博すようになったことにある。やがて「世界的な人気者」として国内で再評価されて、日本でも中高年男性を中心に人気を博すようになった。

 このことは、アイドルの活躍の場が徐々に「ローカル」に移行していることと関係していると考えられる。