暑い中、街中でマスク姿の人たち
コロナ以上に熱中症で多くの死者が出ている足もとの状況を、なぜ日本人は静観しているのか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

全国でコロナの1.7倍の患者、
東京で8倍の死者を出す病とは

 我々が人命より経済を優先しているせいからか、「被害の拡大」に歯止めがかからない。

 重症者の増加が懸念されている東京23区内では、8月に入ってからこの24日までに亡くなったのはなんと170人。やはりというか、その9割は60代以上の高齢者だという。

 病院に担ぎ込まれている人も増えている。総務省消防庁によれば、今月10日から16日までに全国で救急搬送されたのは1万2804人。これは前の週からほぼ倍増しており、「オーバーシュート」の兆候とも取れ、医療現場の負担増がかなり心配される。

 ――と聞くと、「ほらみろ!新型コロナの第2波が来ているのに、人命より経済活動を再開させた報いだ!PCR検査を渋って医療崩壊を招いた安倍政権は、さっさと退陣しろ!」などと鼻息が荒くなってしまう人たちも少なくないだろうが、これは「新型コロナ」の話ではない。

 厚生労働省の発表によれば、全国で今月10日から16日までにPCR検査で陽性と確認されたのは7281人。また、NNNの集計では、東京都で8月に入って24日までに新型コロナで亡くなったのは20人である。では、全国でコロナの1.7倍の患者を生み出し、東京でコロナの8倍にもなる死者を出している病は、いったい何かというと、「熱中症」である。

 連日のように日本列島を襲う殺人的な暑さで、熱中症による死者が急増しているのだ。

 厚生労働省の統計によれば、熱中症で亡くなった人は2010年が統計史上最多の1731人、記録的な猛暑だった18年も1581人にのぼっている。東京都でひと月弱だけで170人というハイペースなのだから、47都道府県合計の死者はかなりの数に膨れ上がるはずだ。

 一方、新型コロナは今年2月からの半年で1209人(厚労省発表8月26日現在)の命を奪っている。もちろん、これから冬にかけてこれがどう増えていくかはわからないが、今の段階でもコロナは、「ただの風邪扱いしてはいけない恐ろしい病気」という位置づけで、経済活動を止めてまでしっかりとした対策をすることが求められているのだ。