「菅内閣」誕生で政治はどう動く?自民党総裁選の内幕を伊藤惇夫氏が斬る
自民党総裁選への出馬を表明する菅氏。これから政治はどう動くのか 写真:つのだよしお/アフロ

来る9月14日、自由民主党の総裁選が実施される。7年8カ月に及んだ安倍政権は、功績と共に多くの課題を残した。次期自民党総裁には新しい首相として、難しい国の舵取りが求められる。総裁選における「菅一強」は揺るがないのか。新政権のもとで解散・総選挙はいつ行われるのか。注目すべきポイントを、政治アナリストの伊藤惇夫氏に聞いた。(聞き手/ダイヤモンド編集部 副編集長 小尾拓也)

雪崩を打って「勝ち馬」に
自民党内で勢力図が一変

――安倍首相の辞任を受けて9月14日に実施される自由民主党の総裁選は、候補が3名に絞られました。現段階では、党内5派閥の支持を受けた菅義偉・官房長官が圧倒的に有利な状況です。各派閥が雪崩を打って「菅支持」に回ったのは、なぜでしょうか。

 ひとことで言えば、「勝ち馬」に飛び乗ろうとする動きが起きているということ。しかし、なぜ菅氏が急速に「勝ち馬」と認識され始めたのかは、定かではありません。強いて言えば、「石破茂・元幹事長だけは総裁にしたくない」という考えが、党内で強かったのでしょう。それが一番大きな理由だと思います。

 一方で、次期総裁の本命とされてきた岸田文雄・政調会長が失速した影響もあります。6月を境に安倍首相が方針転換し、岸田氏は後継候補から外れたと見られています。理由は、新型コロナ対策で党の責任者を務めたにもかかわらず、発信力・存在感が高まらないから。また、コロナ支援策として岸田氏が主張してきた、30万円を減収世帯に限定給付する構想が閣議決定後に覆され、国民への一律10万円給付に変更された一件で、岸田氏の政治手腕には大きなマイナスイメージがついてしまいました。

 興味深いのは、この頃から麻生太郎・副総理も「岸田は平時の宰相だ」と言い始めたことです。過去、金丸信・副総理が将来の総裁候補について述べた「平時の羽田(孜)、乱世の小沢(一郎)、大乱世の梶山(静六)」という発言に倣ったのでしょう。

 実はこの発言、それで終わりではなくて、金丸氏は「政治の世界に平時はない。そして大乱世になったら自民党はない」と付け加えました。要するに、「総裁候補は小沢一郎しかいない」と言いたかったわけです。麻生氏がそこまで考えて金丸氏の発言を引用したとすれば、「岸田氏では無理だ」と言いたかったのかもしれません。