コロナ禍でも企業側の登録が急増
副業での採用ニーズが高まる

 しかしこういった仕事マッチングサイトは、仕事を探す側と仕事を振る側の数のバランスが大事なのではないか?このコロナ禍で仕事が減っている今、仕事を探す側しかいなくなってしまったりしないのだろうか?

「それがコロナ禍で採用を進めたい企業側の登録が急増しています。リモートワーク化が進んで、オフィスに出勤することはさほど重要じゃないことが証明されてしまったのです。普段社内で仕事を振る方が在宅でスタッフに仕事を振るわけですから(笑)。そうなると、企業はガッツリ社員としてではなく副業でユルく関わってくれる方を探す傾向が出てくるようです」(岩崎さん)

 個人事業者らが、大きなプロジェクトに関わることができるのだ。

 実際に「YOUTRUST」でも、有名企業がプロジェクトに見合った人材に副業として参加してほしいというオファーを出すことが増えているという。

 以前からクリエーティブ系の職種を中心にこういった働き方は存在していたが、出勤の重要性が低下したコロナ禍の今、クリエーティブ系のみならずこの傾向はさらに強まっている。