転職
35歳からの転職で「やりたいこと探し」を避けたほうがよい理由とは? Photo:PIXTA

35歳以上の転職で
「イチから勉強します」はNG

 新卒時の就職活動では、自己分析を行い、それに基づいてやりたいことを定めたり、応募先を決め志望動機を作成したりするといったアプローチがよく取られます。

 その癖が身についているせいか、あまり自覚のないまま転職活動においても、新卒時の就活と同様のアプローチで行う人がいます。しかし第二新卒者は別として、転職者はすでにビジネスパーソンとしてさまざまな経験を積んでいるのですから、それらを生かすことを考えたほうがよいと思います。

 ましてビジネス経験を積んだ30代半ば以降、とりわけ40代の転職活動ともなれば、自分のやりたいことを探しに行こう、その機会を与えてもらおうといった“就職的な感覚”で行わないほうがよいでしょう。そうではなく、自分の実力をいかんなく発揮するために新しい職場へ行くという感覚が必要で、転職先選びもこの視点で行うことが重要なのです。

 ベテランのビジネスパーソンなら長年、業務に従事するなかで培った知識や人脈など、持っている「財産」がたくさんあるはずです(ない人は論外です)。それを有効に活用できる職場かどうか、という視点から転職先候補の企業をチェックするのです。

 つまり、自分が築いたキャリア資産を「どの会社に持っていけば最も活性化できるのか」という発想で会社選びをするということです。35歳以上は、即戦力として期待されています。転職してからいろいろ新しく勉強をして、いままでできなかったことをできるようにするための時間はそれほどありません。