朝日を浴びる人
写真はイメージです Photo:PIXTA

コロナ禍によって都市部の企業を中心に広がっている在宅ワーク。満員電車の苦痛から解放され、自宅が仕事場になる……なんとも夢のような話だが、一方で自宅にこもる時間が増えたために「在宅ワーク疲れ」から抜け出せない人が増えているという。(清談社 真島加代)

在宅ワーク疲れで
パフォーマンスが低下

 新型コロナの流行をきっかけに一気に普及した在宅ワーク。緊急事態宣言解除後も、一部の企業では在宅ワークを継続しており、感染の拡大を防いで通勤時間も不要などのメリットがあるものの、在宅ワーク特有の「疲れ」を感じているビジネスパーソンも多いという。

「自宅で仕事をしていると、私生活と仕事の区切りがつけにくくなります。すると、生活のリズムが崩れてしまい、ずっと疲労を感じている状態になってしまう。仕事のパフォーマンスも下がり、休日もしっかり休めない状態を『在宅ワーク疲れ』と呼んでいます」

 そう話すのは、疲労回復の専門家としてアスリートの指導に当たっている、リカバリーアドバイザー代表取締役の福田英宏氏。