実際に、在宅勤務をして気がついたメリット、デメリットとは?
実際に、在宅勤務をしてみて気がついたメリット、デメリットとは?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

新型コロナウイルスの影響により、「在宅勤務」が一般化してきた。ただ、実際に家で仕事をしてみると、思わぬ困難に気づく人も多いようだ。さまざまな人の体験談をもとに、在宅勤務のメリット・デメリットを挙げていく。(取材・文/フリーライター 有井太郎)

在宅勤務をし始めて
初めて気づいたデメリット

 近年、リモートワーク(あるいはテレワーク)という言葉が聞かれるようになった。オンラインで仕事をできるツールが登場し、さらに子どもを持つ家庭の兼業夫婦が増えたことからも、そういった働き方が推奨されつつあった。

 そんな中、新型コロナウイルスの影響により、自宅での勤務をせざるを得ない状況になってしまった。多くの企業が社員の出社を取りやめ、在宅勤務を推奨。近年発達したオンラインの仕事ツールを活用している。まさに今、多くの人が「自宅で勤務する」というスタイルに挑戦している最中だろう。

 では、実際に在宅勤務をしている人は、この働き方にどんな感想を抱いているのだろうか。在宅勤務を始めた人に聞いてみると、メリットはもちろん、思わぬ落とし穴や困難に気づいたという声も多いようだ。