ウィズコロナ時代は長く続く!?(写真はイメージです)
ウィズコロナ時代は長く続く!?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

新型コロナウイルスについてさまざまなことがわかってきた。現時点の情報で考える限り、新型コロナウイルスの感染拡大は、そう簡単には終息しそうになく、「ウィズコロナ」の状態が長く続きそうである。政府はもとより、企業や個人も「ウィズコロナ時代」を前提に、将来の対応を考えるべきである。そこで、産業医としてのアドバイスも交えて解説する。(中央大学大学院戦略経営研究科教授、多摩大学大学院特任教授、医師 真野俊樹)

新型コロナウイルスは変異する

 医学的に細かい話を抜きにすれば、ウイルスは、DNAウイルスとRNAウイルスの2つに大別される。

 新型コロナウイルスの場合、後者のRNAウイルスである。これは何を意味するのであろうか。

 同じように、RNAウイルスであるインフルエンザウイルスで考えてみよう。

 インフルエンザウイルスは自分の力では増殖することができず、感染した細胞の中で自分の遺伝子のコピーを多数作り増殖する。その結果、インフルエンザウイルスに感染したほとんどの細胞は死滅し、そこから多数のウイルスが広がる。

 また、インフルエンザウイルスの遺伝子はRNAで、このRNAは誤ったコピーが発生しやすい。つまり、変異が起きやすい。

 一度、インフルエンザにかかったのに、再感染があるのは、このように変異したインフルエ ンザウイルスに感染しているからである。つまり、対応する抗体ができにくいことになる。

 新型コロナウイルスでは、どうだろうか。