「一見それほどでもない症状でも、実は放っておくとこわい症状も少なくないのです。最初は気にもとめないわずかな症状が、放っておくと、取り返しがつかない大病になることもあります」。そう話すのは、テレビでも人気の総合内科専門医・秋津壽男氏だ。体からのSOSサインに気づかず、後悔することになってしまった方をこれまでたくさん見てきたという。秋津医師の新刊『放っておくとこわい症状大全~早期発見しないと後悔する病気のサインだけ集めました』は、まさにこうした病気で後悔する人を少しでも減らしたいという想いから生まれたものだ。9月16日に発売となった本書の内容を抜粋するかたちで、自分や家族の健康チェックに役立つ情報を紹介していく。

Photo: Adobe Stock

胃カメラ検査では、食道・咽頭がんもチェックしてもらおう

 食道がんも咽頭がんも初期にはわかりにくく、発見が遅れると予後が悪いやっかいながんです。早期発見がきわめて大事だと覚えておきましょう。

 予防としては、定期健診で胃カメラ検査を入れておくことです。咽頭・食道がんは60~70歳の発症が多く(とくに男性)、喫煙・飲酒が大きな危険因子であるとされます。年齢や習慣に当てはまる人は必ず受診するようにしましょう。

 検査の際には「のどと食道が気になるのでしっかり見てほしい」とひと言添えるのもポイントです。胃カメラは胃の中を見るのがメインですが、そう言われれば、食道もしっかり見ざるを得ません。そのひと言が命を救うこともあるのです。

(本原稿は、秋津壽男著『放っておくとこわい症状大全』からの抜粋です)