文書作成の時間が減れば
本業に集中できる

 このシステムを導入した企業からはこんな声が上がっている。

 大手印刷会社のマイプリント株式会社では、コロナウイルスの影響でテレワークに移行することになり、どうやって情報を共有するかが課題になっていた。以前はメールやWordを使っていたが、作成に時間がかかってしまい、頭を悩ませていた。そこでflouuを導入したところ、以前は会議終了後に1~2時間かけて議事録を作成していたが、今では会議終了と同時に終わっている。その結果、本業に費やす時間が増えたという。

 また、あるテレマーケティング企業では、日々の営業計画や実績報告をメールで送っており、かなりの時間がかかっていた。flouu導入後は同時編集やチャット機能を活用して、作業時間が半減したという。

「私自身も前職で文書作成に忙殺され、妻が妊娠した時にろくに病院に付き添えないほど長時間労働をしていました。その体験から当時の自分と同じ状況に置かれた人を支援したいと考え、テクノロジーによって文書作成の効率化を図ろうと起業をしたのです。文書は企業にとって重要な『情報資産』です。それを生かすためにも効率的に管理して、本業に専念できる環境をいち早く築いてほしいと思います」

 テクノロジーの力で仕事の「摩擦」をゼロにする、というミッションを掲げる同社。快適なテレワークを行うためにも、文書作成に関して一度見直してみてはいかがだろうか。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))