例えば、揚げ物が多く、野菜が不足しがちという場合。

 一度にどちらも取り掛かろうと思うと難しいので、「揚げ物を減らすことと、野菜を増やすことどちらができそうか」考えてみて下さい。行動を変えた後の自分がイメージしやすい方を選ぶのが長く続けるコツです。

「ミックスフライのイカだけ衣をとって食べた」「ラーメンにほうれん草をトッピングした」のように、少しでも意識して取り組めたらOK。

 他にも週に3~4回食べているラーメンを週2回にする、夜は甘いものは食べない、何気なく毎日口にしている飴やチョコを週末だけは無糖の飲み物に変えるなど、自分がこれならできそうというハードルの低いものからで良いので、よくできた日には◎、少しでもできた日に○などして自分の取り組みを見える化し、小さな「できた」を積み重ねていきましょう。

吸収を抑える系の商品は
食生活の改善+αで

 こうして食事の問題点が分かって、工夫も色々してみるけど、やっぱり続かないな…という時にトクホや機能性表示食品を活用していきましょう。活用例をご紹介します。