米大統領選前後の為替相場、足元で「大荒れ」予想後退
Photo:PIXTA

 投資家の間で米大統領前後に為替相場が大荒れになるとの観測が後退している。

 民主党のジョー・バイデン候補が世論調査で一貫したリードを維持していることで、資産運用担当者は足元、投票日前後の市場の混乱で利益を得られるような為替取引の持ち高を巻き戻している。9月には、米ドルや株式の大幅変動から身を守るオプション戦略に投資家が殺到したことで、通貨ペアのボラティリティーが跳ね上がっていたが、その後は低下している。