◇あいづちは「あ・い・う・え・お」

 モテるためのテクニックとして、「さ・し・す・せ・そ」を意識したあいづちを打つというものがある。この「さ・し・す・せ・そ」とは、「さすが」「知らなかった」「すごい」「せっかくだし(センスいいですね)」「そうなんですか!」だ。だがこれは、媚びているように見えたり、使う場面が限られたり、いざというときにとっさに出なかったりするので、あまりおすすめできない。

「さ・し・す・せ・そ」よりも使えるあいづちは、「あ・い・う・え・お」だ。具体的には「あー!」「いいですねー」「うーん」「ええ!?」「おーーー!」である。

 相手が何かを言ったら、「あーー!」と納得し、「いいですねー」と共感し、「うーん」と考え込み、「ええ!?」と驚き、「おーーー!」と感嘆する。たったこれだけだが、相手への興味が伝わるはずだ。慣れてきたら、ちょっと目を見開いたり、手を叩いたりするのもいい。

◇困ったら「ありがとうございました」

 やたらと説教じみたことを言ったり、自分の意見を押し付けてきたりする人がいて、困ることがある。そんなとき、つい「お言葉を返すようですが……」「ご意見はごもっともだと思いますが……」と反論したくなるかもしれない。しかしここで反論するのは、賢い手ではない。

 なぜなら、反論することで話が続いてしまうからだ。むしろ、本格的なケンカが始まってしまうかもしれない。相手を言い負かしたとしても、かえって面倒なことになる。

 正解は、「○○さんはどう思います?」と、他の人に話をふって、自分だけに向けられた矛先をそらすことだ。2人で話していた場合でも、通りがかった人を呼び止めて仲間を増やせばいい。

 もう一つの手として、「今日はありがとうございました」と話を終わらせる方法もある。それでも相手が粘ってくるなら、「またお願いします」とダメ押しして会話を打ち切ろう。

◆知人との雑談
◇習慣を尋ねる

 相手が打ち込んでいること、凝っているものについて質問すると、話が盛り上がるものだ。だがその際、「なにかこだわってることあるんですか?」と、「こだわり」という言葉で質問するのは避けたほうがいい。そう言われても「こだわっているっていうほどのことでは……」と口ごもってしまうものだし、バカにされているように感じる人もいるからだ。