Photo:PIXTA

依頼者は散らかった“モノ”を見ている
プロは散らかる“原因”を見ている

 整理収納のコンサルを仕事にしていると、いろいろな家庭からご依頼を受けます。「落ち着かない」「散らかる」「家族が片づけない」など悩みは様々ですが、依頼する側は「モノが多いからうまくいかない」と思っていることがほとんど。

 しかしながら、家庭ごとのモノの量にはかなり幅があります。収まり切らないモノが床に散乱している家ばかりではありません。

 そのため、私の場合、初めて訪問するご家庭では「モノが多いか少ないか」以外のある部分に注目して、部屋が散らかる原因と解決方法を判断しています。

 片づけのプロが、初めて訪問した家で見ているのはどこだと思いますか…?