この研究の解析対象者は、1995年と1998年に、岩手県二戸、東京都葛飾、長野県佐久、沖縄県中部など全国11カ所の保健所管内の住民のうち、がんや循環器疾患の既往歴のない45~74歳の男性4万3,580人。食事調査アンケートの結果から、総大豆食品、および各大豆食品(納豆、みそ、豆腐類)、イソフラボンの摂取量を計算し、それぞれを五分位に群分けした上で、2016年まで追跡して前立腺がん死亡リスクを比較した。

 平均16.9年の追跡期間中に、221人の前立腺がん死亡が確認された。年齢、地域、肥満度、喫煙・飲酒・身体活動習慣、糖尿病の有無、健診の受診状況、コーヒー・緑茶の摂取頻度、果物・野菜類の摂取量で調整した解析により、以下のような関連が認められた。

 まず、総大豆食品の摂取量が最も少ない第1五分位群に比べて、摂取量が最も多い第5五分位群のハザード比(HR)は1.76で有意にリスクが高く、摂取量が多いほど死亡リスクが高まるという有意な関連が認められた(傾向性P=0.04)。また、イソフラボンについても、摂取量が多いほど死亡リスクが高まるという有意な関連が認められた(傾向性P=0.04)。

 大豆食品を個別にみると、みそについては、第3五分位群(HR1.64)と第5五分位群(HR1.73)で有意なリスク上昇が認められたが、傾向性P値は0.09だった。納豆と豆腐に関しても、有意な関連は認められなかった。

 以上の結果から著者らは、「大豆とイソフラボンの大量摂取が前立腺がんによる死亡リスクを高める可能性があることが示唆される」とまとめている。

 エストロゲンは、エストロゲン受容体に結合して初めて作用を発揮できる。しかし同研究グループによると、進行前立腺がんでは、エストロゲン受容体が減少するとの報告があり、イソフラボンの前立腺がん防止効果が弱まる可能性があるという。また、動物実験では、男性ホルモンのアンドロゲンが少ないマウスでは、イソフラボンはアンドロゲン作用を示すという報告があることから、前立腺がんの治療で用いられる抗アンドロゲン薬の効果をイソフラボンが妨げる可能性も考えられるとしている。

 なお、大豆食品摂取は前立腺以外の部位のがんによる死亡や、循環器疾患のリスク低下と関連することが報告されているため、研究グループは、「摂取量については他の疾患への影響を含めて総合的に考えることが大切」と付け加えている。(HealthDay News 2020年10月26日)

Abstract/Full Text
https://academic.oup.com/ije/advance-article-abstract/doi/10.1093/ije/dyaa177/5910712?redirectedFrom=fulltext

Press Release
https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/8514.html

Copyright © 2020 HealthDay. All rights reserved.