大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

サラリーマン投資家は
何度も再チャレンジ可能

私は某企業に勤めるサラリーマン投資家です。

サラリーマン投資家は、会社に時間を拘束されるというデメリットがありますが、それ以外は株式投資をするうえでメリットばかりだと思っています。

サラリーマンは給与収入によって目先の生活が安定しているので、短期間で投資リターンを得なければいけないという切迫感がありません。

1日に何度も売買をくり返すデイトレードや1週間程度の期間で売買をくり返すスイングトレードといった短期取引ではなく、割安成長株に投資して株価が大きく値上がりするまで長期間保有する余裕があります。

株式投資で多少失敗しても、給与から余裕資金を捻出できれば、何度も再チャレンジができることもサラリーマン投資家のメリットです。

株式投資は、特に初心者の頃は失敗がつきものです。

小さな失敗をくり返しながら上達していくのですが、サラリーマンの場合、給与収入という資金的余裕があるだけに、慣れてきて安定的に利益を得られるようになるまで株式投資を続けることができます。

「株で儲けて、会社を辞めたい!」

そんなことを思う人も多いと思いますが、株式投資で一人前になるまではサラリーマン投資家を続けるのが無難ですし、得策だと思います。

私は株式投資で資産を2億円以上築きましたが、まだ会社勤めを続けています。

以前は2億円貯まったら仕事をやめようと思っていましたが、「経済的にいつ辞めても大丈夫」という状況が目の前に訪れると、思い切って仕事ができるようになり、仕事が好転したのです。

株式投資で資産を築くということは、そういう副次的なメリットも得られるという実感を得ています。