2020年もあと1ヵ月。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。「Google 最高位パートナー」の平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する最高位の肩書(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』(11/25刊)で、大胆にもGoogleの70近いアプリを「10」に厳選。「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開した。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)も「こんな使い方、あったのか」と絶賛するノウハウとはどんなものか(12/11リードフォーアクション主催の「読書会」案内はこちら)。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Google 最高位パートナーの告白!<br />年間433万円も、ドブに捨てていた!?<br />あのカリスマコンサルタントを<br />ウナらせた Google 式仕事術Photo: Adobe Stock

★質問
 なぜ、あの神田昌典氏はすべてを Googleに切り替えたのですか?

 あのマーケティングの世界的権威「ECHO賞」の国際審査員で、経済誌で「日本一のマーケッター」と評されたベストセラー作家の神田昌典氏。

 2018年12月から、iPhoneを Google Pixelへ、MacBookから Chromebook に変更し、Google を積極的に使い始めていますが、一体神田氏に何が起きたのでしょうか?

☆解答
 年間「433万円」の節約につながるからです。

 2018年11月、とあるご縁により、私は神田昌典氏率いるアルマ・クリエイション主催の研修講師をすることになりました。

 そこで神田氏は気づいてしまったのです。

 Googleに切り替えれば、年間433万円の節約につながることを。

 その興奮の様子を神田氏は、神田氏が主催するThe実践会会報誌に綴っています。

神田昌典も、年間433万円を
捨てていた?!
バカなIT習慣

当社における調査結果

必要なくなっているのに
いまも繰り返している
ムダな作業に要する時間

ランキングTOP 5

第5位
日程候補をすり合わせる
 いまやAIが、関係者の空き時間を検索・提案してくれます

第4位
社内文書を探しまわる時間
 文書管理システムの利用法を学べば
 文書検索の時間が、3分の1に

第3位
プレゼン資料のデザインを整える時間
 いまやAIが、テキスト分量に応じて映えるデザインに
 調整してくれます

第2位
有料オンライン会議サービスに支払う時間
 あの便利と思っている
 最新オンライン電話会議サービスと
 なんら変わらないのに、無料

第1位
共同作業の文書のやりとりする時間
 会議が終わるまでには、議事録が完成。
 グループでさくさく仕事をするのが、日常になります

削減できる時間と費用を
シュミレーションしてみると…

スケジュール調整にかかっている時間
現在15分 → これから1分

文書検索にかかっている時間
現在10分 → これから3分

プレゼン資料デザイン作成にかかっている時間
現在60分 → これから10分

オンライン会議にかかっているコスト
現在 月2000円×4名 → これから0円

議事録作成にかかっている時間
現在30分 → これから0分(会議中に完成)

*毎日の作業で、神田が削減できる時間 19分×200日
*毎日の作業で、社員が削減できる時間 19分×20名×200日
*毎週の作業で、神田が削減できる時間 50分×48週
*毎週の作業で、社員が削減できる時間 30分×6会議×48週
*前提条件:社員の時給2500円~3000円として換算

結論

社員の作業時間を毎日毎日20分効率化するだけ
10名の会社では
年間約666時間、
166万円~200万円の費用削減となります。

過去からのIT習慣という
重い足枷を
外すには、どうすればいい?

神田昌典
「…どっかに仕事の”生産性をあげるIT習慣”を
教えてくれる人材がいないか?」

元IT企業社員
「はい、素晴らしい人材を発見しました。
 Google が認定する2社のうちの1社の社長です」

その生産性をあげるIT習慣を教えてくれる人材とは、
働き方改革のためのIT活用のエキスパート
平塚知真子さんです。

そこで、神田昌典の会社では
平塚先生の、20年間のIT教育エッセンスを学び
これから社長の私が率先して
IT業務変革をスタートします。
「神田さんばっかり、そんなチャンスを独り占めにして、ズルいじゃないか!」

「はい、おっしゃるとおり。申し訳ありません。
そこで、あなたにご提案です。
旅は、道連れ。
神田昌典とともに平塚さんから学びませんか?」

(出典:マーケティングアクションジャーナル 2018年12月号、9~16ページ)

 まだまだ続くのですが、このへんで…。

 この神田さんとの研修をさらにブラッシュアップ。

 1年半をかけてまとめあげたのが、『Google式10Xリモート仕事術』です。

 ぜひ使い倒していただけたらと思います。